ルイヴィトンダミエネヴァーフル価格_ヴィトンレイユール財布 ルイヴィトンダミエネヴァーフルいくら|ルイヴィトンダミエネヴァーフルどこが売ることがいます 电风扇


2015-02-07 12:10    ルイヴィトンダミエネヴァーフル
 桜井の神経は敏感であった。背中に突きささった殺気を意識してか、体を斜めに開いて、すぐにでも|敏捷《びんしょう》な行動に移れる体勢を整える。その殺し屋は素早く視線をそらせ、|蝶《ちょう》タイを直す振りをした。  コーヒーを注ぎ終わった二人の殺し屋は、出ていった。桜井はコーヒーには手をつけずに、コートの内ポケットから抜きだしたタバコをくわえると、 「どう考えても、二千万じゃ話になりませんね。やはり五千万にして頂かないと……」  と、薄ら笑う。 「こっちこそ、話にならんと言いたいね——」  小泉経理部長は鼻を鳴らし、 「大体だね、君は要求額さえ手に入れたら、二度と我々を|恐喝《きょうかつ》することはないという保証の方法を考えてくると言っていたな。ところがどうだ。その方法と言うのが、君が我々を脅迫している時の様子を録音したマイクロ・レコーダーのテープをこっちに渡し、今度、君が我々の前に再び顔を出すようなことがあったら、そのテープを証拠としていつでも君を恐喝罪で訴えてくれ、と言うんじゃ、まるで子供だましだ。そんなことをしたら、傷つくのはうちの会社の方だからな!」 「まあ、まあ、そう興奮なさらずに……」  桜井は落ち着きはらっていた。 「何だと、若造が!」 「面白い、僕を怒らす積りですか?」  |香《にお》うようにハンサムな桜井の顔が微妙に変化し、細められた瞳は磁気のような光を放った。両端を|吊《つ》りあげた唇のまわりからは、白っぽく血の気が去った。 「そ、そんな積りは——」  社長が|狼《ろう》|狽《ばい》気味に|呻《うめ》き、 「君、|謝《あやま》りたまえ」  と、小泉を|睨《にら》む。小泉も、調子に乗りすぎたことを自分で知っていた。 「謝るよ。怒らないでくれ……お互いに冷静になろうじゃないか。ここは会談の場であって、|喧《けん》|嘩《か》の場じゃないんだから」  と、ハンカチで首筋の汗を|拭《ぬぐ》った。